目標設定論

目標設定理論(Goal-Setting Theory)美國馬利蘭大學管理學兼心理學教授愛德溫·洛克(Edwin A. Locke)和休斯在研究中發現,外來的刺激(如獎勵、工作反饋、監督的壓力)都是通過目標來影響動機的。目標能引導活動指向與目標有關的行為,使人們根據難度的

エドウィンAロックの目標設定理論とは エドウィンAロック博士(Edwin A Locke)は、リーダーシップやモチベーション論の権威で、博士がレイサム (Gary Latham)らとともに著した 「目標設定理論」 は現在の目標設定に関する研究の基礎となるものと

Definitioner 目標設定理論 目標設定理論(Goal Setting Theory) 目標設定理論とは、目標という要因に着目して、モチベーションに及ぼす効果を探ることを目指した理論のことを言う。1968年にアメリカの心理学者ロックが提唱した。

目標設定理論(アメリカ合衆国の心理学者ロック,E.とレイサム,G.が提唱した、目標設定 の欲求5段階説、マクレガーのXY理論、ハーズバーグの動機づけ・衛生理論(二要因論

というと、立てた目標も忘れてしまっていたり、というのはありがちです。 目標設定 数字的根拠に基づかない精神論、根性論の目標 である 目標を実行する時間がない という間違いが多いでしょう。 なので、SMARTの法則だけでは検討すべき

子どもが小学校に入学して最初の週が終わりました。新しい環境だと気分が一新されるのか、何か新しいことをやりたくなるのは人間の性分かもしれません。うちの子どもも目標を立てたのですが、あえなく三日坊主に終わってしましました